Date: 2015/2/28 Cate: Cocos2d, cocos2d-x, iPhone, Objective-C Tags: ,  

iOSのアプリをコマンドからビルドするときは、xcodebuildコマンドを使うと思いますが、Xcodeを複数バージョンインストールしているときにxcodebuildで使うバージョンを変更する方法のメモ。

$ xcode-select -p 
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer # どのXcodeをつかっているか確認
$ sudo xcode-select -s /Applications/Xcode5.1.1.app/Contents/Developer  # Xcode5.1.1を使う
$ xcode-select -p 
/Applications/Xcode5.1.1.app/Contents/Developer  # 切り替わった

こんなかんじです。
ちなみに、ローカルにはXcodeのバージョン5.1.1が「Xcode5.1.1.app」という名前でおいてあります。

追記
Xcodeの設定画面からも変更できるのでメモ。

Leave a Reply