Date: 2014/4/23 Cate: iPhone, Objective-C Tags: , ,  

最近、iPhoneアプリを申請するときになんかIDFAについて聞かれるようになりました。
IDFAとは、広告用の識別子みたいなもんですかね。いままでターゲティング広告とかでどの端末にインストールされてるのか、みたいなことを識別するのにUDIDとかつかってたりしたんですが、それが禁止になったんで代わりにコレ使え!みたいなかんじで出てきたののがIDFA、ということなのかな?

で、アプリを申請するときにIDFAを使ってるのかどうか、使っているのならどういった使い方をしているのかという質問に答えないといけなくなっていて、
これにちゃんと答えないとリジェクトされてしまうようです。オソロシイ。

で、先日 「Binary – 2進数から10進数に変換!エンジニアなら、30点は取れて当たり前 –」というアプリをリリースしたのですが、この時にやったIDFAの解答例をメモ。

使用しているのは

・AdStir SDK ver 1.9.0
・Nend SDK ver 2.3.2
・AdMob SDK ver 6.8.0
・Google Analytics SDK ver 3.0.6

です。
で、申請時には

・Does this app use the Advertising Identifier (IDFA)?

The Advertising Identifier (IDFA) is a unique ID for each iOS device
and is the only way to offer targeted ads. Users can choose to limit
ad targeting on their iOS device.

-> YES

Serve advertisements within the app
-> YES

Attribute this app installation to a previously served advertisement
-> NO

Attribute an action taken within this app to a previously served advertisement
-> NO

Limit Ad Tracking setting in iOS
-> YES

てなかんじで答えたら1発で申請通りました。

まぁ使ってる広告だったりSDKのバージョンで変わってきたりするとは思いますが、とりあえずこれでいけたのでメモ。

1 Comment

    有益な情報ありがとうございます!
    さっき申請したのでまだレビュー待ちですが、
    実際に通った情報があると少し安心して待てます。

    1F

Leave a Reply