Date: 2014/3/7 Cate: 雑記 Tags:  

さて、Nifty Mini Driveを買って64GBのストレージを手に入れたわけですが。
僕のMacの中でもかなり容量を食っているiTunesのデータをNifty Mini Driveに移行してみたいと思います。
公式サイトのFAQでもやり方を説明しているんで、わりとこういう使い方を想定してるっぽいですね。
Simple, Seamless Storage For Your MacBook | The Nifty MiniDrive

iTunesのデータをNifty Mini Drive上に移す

公式サイトにのってるやり方そのままですが。

iTunesの環境設定を開く

環境設定をひらいて、


「”iTunes Media”フォルダを整理」にチェックをつけます。
で、「変更」からNifty Mini Drive内に”iTunes Media”という名前のフォルダを作成し、そこを指定します。
で、OKを押して環境設定を閉じます。

データを移す

「ファイル」→「ライブラリ」→「ライブラリを整理」から、「ファイルを統合」にチェックをつけます。

で、OKを押すと、今までのライブラリからNifty Mini Driveでさっき指定したフォルダにデータを全部コピーし始めます。
データの量によりますが、結構時間がかかるので時間があるときにやることをおすすめします。
僕は50GBくらいデータがあって、3、4時間くらいかかった気がします。
で、コピーが終わったらiTunesを再起動したらOK!
これでMacに50GBくらいの空き容量ができるんで、かなり余裕ができますね!!


こんなかんじで結構余裕ができました!!

なお、この作業をやる前にはしっかりバックアップをとって、自己責任でおねがいします!!

Leave a Reply