Date: 2014/3/7 Cate: 雑記 Tags: ,  

MacbookAirの256GBを使っているのですが、なにをそんなに使っているのか残り容量が10GBとかになってきて、これだとローカルにVM立てたりするのもあんまできないな、買い替えかな・・・とか思っていたんですが。
Nifty Mini Driveという便利なものがあるんですね!
Simple, Seamless Storage For Your MacBook | The Nifty MiniDrive

どういうものかというと、MacbookAirのSDカードスロットにmicroSDをさしっぱなしにしてそこにいろいろデータ保存しようぜ、というかんじのものなのですが。
普通、SDカードをさすとボディから若干はみ出てしまいます。
ですが、Nifty Mini Driveでは、microSDと専用のアダプタをつかうことで、ボディにぴったり収まるようなかたちにできるのです。
これならずっとSDカードを挿しっぱなしでも気にならないし、microSDの容量を大きい物を用意すればその分ストレージに余裕がでてきて、かなりいい感じですね!
購入は、公式サイトからでもできますし、こちらのサイトでも購入できます。
Vintage Computer

僕はこのVintage Computerさんから購入しました。
購入手続きをしてから5日くらいで届きました。
他のとこでは売り切れだった赤色のNifty Mini Driveも売ってて、いい感じでした(・ω・)
ちなみにSDカードは

これを買いました。
速度を重視したいなら、

というのもいいらしいです。
用途とお財布と相談ですね。

開封の儀

こんな感じのパッケージです。
裏はこんな感じ。


別途amazonで購入したSDカード。64GB。

あけてみます。

こんなかんじ。
Nifty Mini Drive本体と、Macに挿した後に取り出す用の器具がついています。
最初から2GBのmicroSDが付属していますが、2GBなんかじゃなんともならんので64GBに変更。

では、MacbookAirに装着!!!!!!!!!!!

すげーピッタリはいりました!!!!
いい感じですね!

finderをみたらちゃんと認識されていました。
というわけで、早速50GBくらいあるiTunesのデータをこっちに移行しようと思います。
iTunesのデータ移行のやり方はこちらに書いてみました!

Macの空き容量で困っている方がいれば、ぜひ試してみてください!!

Leave a Reply